鯛ラバ

鯛ラバ 

リール ベイトリールを推奨

ライン PE 0.8号(目安)

ハリス 3号フロロ推奨(目安)


仕掛け

1.鯛ラバの重さの決定は水深に合わせる (潮が速い場合は重くしてボトムを捕らえられるようにする)
A タイラバは固定式と誘導式のタイプが有りますが喰い込みやバラシ対策で断然誘導式に分が有ります※ 40m以下の場合 - 45g 、 50mの場合 - 60g  60mの場合 - 70g、 70mの場合 -80g、が目安です
B 最近はネクタイ・スカート・ハリを交換できる製品がある、この場合に喰い渋りにハリを小さくしたり、ネクタイを長くしたり又カーリーに 変えると喰いが上向くことが多い
2.鯛玉のヘッドの形は円形・楕円・円形サイドカットが一般的です
A 重さは水深・潮の速さで変わりますが 45g ・60g ・ 75g の3種類は揃えてください、
B 鯛ラバ用タングステンは高価ですが良いかも


鯛ラバのリーダーとPE糸の接続の方法

1 結びを作らず、編み込みの摩擦抵抗でリーダーとPEを止めて強度を持たす結びです 
2 結びは他にも色々ありますがFGノットがシンプルでコブも小さく強いノットで良く、これ専用で使用するのがベストです  
3 鯛ラバは細いPEラインやリーダーを使用するので大物が釣れた時にラインブレイクを起し易く此れを防ぐ為にもFGノットは必要です  
4 編込み時の注意点
PEラインをリーダーに強く・重ならないように密に編込み、最後にリーダーとPEラインを持って引き、締め込むがその時に殆ど変わらないくらいに編込む事が強度の出る編込み方です


メバリング・アジング仕掛け


ティップラン(エギング)

釣り方

流れのある時は船べりから、流れのない時は軽くキャストしてからエギをフォールします。

エギはフリーフォールで、海底まで落とします。フリーフォールはラインを張らないので、エギの沈下抵抗を軽減できます。
そのため、エギを速く着底できるメリットがあります。

エギを速く着底できれば手返しが速くなるので、より多くのアオリイカへのアプローチが可能になります。